ぽい

記事一覧(41)

「興学社高等学院」の他とは違う魅力とは

みなさんは「興学社高等学院」をご存知ですか。「興学社高等学院」は、2006年に設立された千葉県松戸市にある高等学校です。その最大の特徴は3年間で卒業率100%を誇る私立の「通信制高校」であるという点にあります。通信制と言うとさまざまな背景の人が通うため、一般的な高等学校に比べてその卒業率が残念ながら低い傾向にあるのが一般的です。そのような中で本校は中学校にうまく通えなかったなど不登校経験のある生徒や発達障害あるいは学習障害のある生徒を積極的に受け入れながらこれだけの卒業率を誇っています。このような高い卒業率を誇る最大の理由は、本校の教育方針の多様性制を認める「自由度の高さ」にあります。通常の高等学校で受ける授業やクラスは自動的に決められてしまっていることがほとんどです。一方で、興学社高等学院にはクラスという概念がありません。提供されているさまざまな授業の中から自分で好きなものを選択し受けることができます。その結果、授業ごとに教室の変更が必要となり「クラス」という概念が存在しないシステムとなっているのです。このようなシステムは人間関係を築くのに苦手意識がある人にとっては非常に魅力的と言えるでしょう。また、用意されている授業の数が非常に多い点も本校の大きな魅力です。わからない授業程つまらないものはありません。本校であれば個人個人の習熟度に合った授業を選択して受けることができます。なお、卒業に際しては当然ある程度の単位の取得が必須となりますが、手厚いサポート体制により勉強が苦手で小学校レベルの内容の理解すら難しかった方でも本校であれば高等学校卒業資格をきっと得られることができるでしょう。一方で就職に役立つさまざまなスキルアップ可能な授業も多く用意されています。その分野はWorldやExcel、プログラミング、ゲーム作成などパソコン関連のものだけでなく、一般的な授業の概念を超えたファッションや写真、ネイルなどもその対象です。更に、授業を通して英語検定や漢字検定、世界遺産検定などの資格取得を目指せる授業も多く用意されています。その数は80種類以上を誇るため、本校であれば必ず興味がある授業に出会うことができるでしょう。なお、入学時に学力が一切問われないのも本校の特徴です。変化の激しい時代において幅広い多様性を積極的に認めている学校です。興味がある方はぜひ進学時の参考にしてみてください。

特徴と魅力

興学社高等学院は通信制高校の技能教育施設の一つで千葉県の松戸市にあります。必修教科は英語に国語、数学そしてソーシャルスキルトレーニングの4つです。ソーシャルスキルトレーニングとは、人と話したりするのが苦手で、上手にコミュニケーションがとれないという人向けのトレーニングで、組まれたプログラムをこなしていく事で上手くコミュニケーションが取れないという苦手意識を克服する事が出来ます。これを必修の一つにする事で、社会的に役立つ言動や行動をしっかりと学び、身に付ける事が可能です。一般的な高校だと、どうしても大学進学を想定に入れてカリキュラムを組む為、授業も5教科を中心にまわす事になります。しかし興学社高等学院のカリキュラムには柔軟性があり、必修の授業以外の時間は、60種類以上ある教科の中から自分が希望する授業を好きに選んで時間割を組み合わせる事が出来ます。例えば将来イラストレーターや漫画家を目指したければイラストの授業を取れば良いですし、インターネットが好きでもっと詳しくなりたかったらパソコンの授業を選択すれば良いです。音楽に興味があり、自分で作詞作曲が出来るようになりたければ、ボーカロイドコースを選べば、器材も用意されていますし曲の作り方から勉強する事が出来ます。もちろんダンスやコーラス、鉄道研究と言った趣味の幅を広げるようなものもあるので飽きる事がありません。このように将来就職する時に役立つものから、趣味程度の実力をプロ並へと変えるものまで自分に合った授業を選択出来るのが興学社高等学院の大きな特徴です。興学社高等学院には他にも魅力が沢山あります。まず一般的な高校だと登校時間は大体朝の8時から9時なので通うのも大変ですが、興学社高等学院では不登校になりがちな生徒でも楽に通う事が出来るように、授業の開始時間は10時からと若干遅めに設定されているので、朝早く起きるのが苦手な人にとっても大きな魅力です。また教科学習は、塾のように生徒一人一人に合わせて指導をしてくれるので、勉強でついていけなくなるという心配もなく、効率よく学力を向上させる事が出来るというのも良い点の一つです。他にもクラブ活動が非常に盛んで、フットサルやダンスといった体を動かす系のものから、イラストを描いたり様々なレクリエーションを楽しむと言うものまで沢山のクラブがあるので、時間に余裕がある人は底に参加すれば友達の輪を広げる事も出来ます。

生徒の自立

中学校卒業までは日本の法律で義務教育とされていますが、高等学校への入学は基本的には本人の自由な意思によるものとなっています。しかしながら、近年は高等学校への進学率も高くなっており、中学卒業後はほとんどの子供たちが進学しています。興学社高等学院の特徴は、「生徒の自立を促してくれる」ことでしょう。学生時代は学校という狭い世界で過ごす事になるのですが、社会という広い世界に出た時にでも、高校時代に培った知識や経験をもとに様々な試練を乗り越えられるような力を与えてくれるのです。生きていると楽しいことやうれしいことばかりではないのが現実です。現代の子供たちは生まれた時から便利で恵まれた環境下で過ごしているために、「逆境」に立たされた時に精神的に弱いことが多々あります。昔の子供たちのような「ハングリー精神」がないので、壁にぶつかった時に逃げることで自分を守ることをしがちです。ここ数年多くなっている「ニート」や「引きこもり」になってしまう場合もあります。社会の荒波にもまれながらも自分自身が成長できるような人になってほしいという思いから、興学社高等学院では「ソーシャルスキル」を学べる機会を増やしています。ソーシャルスキルとは、対人関係におけるあいさつや依頼、交渉や自己主張などのスキルのことで、ソーシャルスキルのかなめは「コミュニケーション能力の向上」となっています。人間関係は生きている限り一生ついてまわる事柄です。円滑に行うことができれば自分自身の生活もより良いものとなり、働くことにも生きがいを感じられることでしょう。社会に出て躓いたときにでも、そばにいる誰かの助けにより悩みを解決することも可能です。一般的には、経験を積むことによってコミュニケーション能力はついてくるものなのですが、最近ではSNSなどの普及により実体験を積む機会が少なくなっています。一度も実際には会ったことのないオンライン上の友人なども存在するのです。そのことによって、昔よりもコミュニケーション能力が不足している子供が多くいるのも現状です。こちらでは基本的なことはもちろんのこと、様々な場面や状況下で使用できるソーシャルスキルを学ぶ事が出来ます。高等学校では「勉強」を学ぶことはもちろんのことですが、運動などのスポーツや学校で行われる行事やイベントなどにより卒業後の人生にも生かせるような経験や知識を得ることも必要となるでしょう。

授業の特徴について

興学社高等学院は「全ては生徒の為に」を基本理念としており、その理念を忘れぬよう教育に情熱が注がれています。当校の職員は基本理念を体現するために日々研鑽を重ねるチームとなっています。当校は学び舎だけでなく、楽しい場所であることを心がけているわけです。色々な生徒が在籍し、色々な教師が授業を行うことになります。楽しい雰囲気を一緒に味わうことが、大切にされています。何より生徒と教師との距離が近く、フレンドリーな関係が築かれています。教師はあだ名で呼ばれることも多く、友達のような関係が魅力です。教師によっては写真を撮りながらリラクゼーションを図っています。歴史人物研究の授業などもあり、幅広い側面から取り組んでいます。学年や性別、これまでの人生経験に関係なく、仲良くなれる雰囲気が漂っているのも魅力の一つです。それ故、生徒の中で進路に悩む生徒がいれば、教師のブログを見ることで勇気づけられるわけです。興学社高等学院の魅力を一言で表せば、授業が豊富なことです。ゲーム作成やヨガ、心理学やファッションメイクなどバラエティに富んでいます。他の学校では学べないことがたくさんあり、生徒の興味や関心が一層高まります。興学社高等学院では一人で決められない時に教師が一緒に考えてくれます。一緒に楽しい学校生活を送ることが大事で、何でも相談できるのが大きな魅力です。パソコン関係の授業も充実しており、将来に役立てることが出来ます。ホームページ制作をはじめ、Webデザインなどのスキルが修得出来るわけです。勿論ゲーム制作も得意種目で、教師自身が大のゲーム好きです。ゲーム以外にも、マンガやアニメが好きな教師が多く在籍します。生徒と同じ目線で授業ができるので、上達も速くなるものです。パソコンの教師の中には、ネイルの授業を掛け持ちで行っている人もいます。興学社高等学院では音楽の力を絶大と考えており、人の心を癒やす力があると言います。音符などが読めなくても、感じる授業を大切にしています。音楽の先生の中には、フランス語やヨガを教える教師もいます。さらに、声優の授業を担当する場合もあり、幅広いジャンルの授業が行われています。学校生活にとって大切なことは、楽しむことが一番と考えられているわけです。そして、個性を発揮することが、一人ひとりのキャラクターを創ることになります。また、当校では地理や江戸時代の検定、世界遺産検定などの授業も実施されているのが魅力です。

教育機関として

興学社高等学院は千葉県の松戸市に位置する教育機関です。設立されたのは2006年と比較的新しいですが、これまで多くの生徒が高校の卒業資格の取得に成功しています。丁寧な指導をはじめとして、高校の卒業資格に必要な単位を取得しやすいサポート体制や環境が整っています。学校に抵抗がある子どもでも、楽しみながら学べる授業を設けていることもその一例です。選択できる授業が多いので、強制されて学ぶような雰囲気がありません。他の高校を断念した場合でも、興学社高等学院のカリキュラムを見れば挑戦する意欲が湧いてくると考えられます。また、卒業しやすいことだけが強みではありません。その後の人生も視野に入れて、社会に適合していく力を身に付けるトレーニングを用意しているのです。つまり生徒の過去や未来を尊重して、責任を持って支えていく信念が興学社高等学院には浸透しています。それを象徴する事実として、興学社高等学院は単なる通信制の高校ではないことが挙げられます。そう言われても、何が違うのか分からない人も多いでしょう。一般的な通信制の高校との大きな違いは技能連携校であることです。高校の卒業資格だけでなく、公的な技能連携の制度を活用しながら専門的な技能を習得を目指します。つまり単位を取得するために学ぶ高校とは根本的に異なり、卒業後をしっかり見据えた教育を受けられるということです。勉強が苦手な生徒のなかには、勉強をする意義を見出せない人が多くいます。メンタルに問題がある場合は、将来に対する大きな不安が原因であることが珍しくありません。技能連携校である興学社高等学院では、将来をイメージしやすい教育を受けられるので、このような状態の生徒たちもポジティブな姿勢を持ちやすくなります。高校の卒業資格以外にも、社会で価値を認められている資格を在学中に取得する生徒も珍しくありません。このような話を聞くと、学習する量が多そうで付いていけるか心配になる人もいるでしょう。しかし学習の負担は他の学校と比べて、極端に大きいわけではないので心配しなくても大丈夫です。なぜなら技能連携校で実施される専門的な授業も、一般的な通信制の高校を卒業する単位として認定してもらえるからです。すなわち技能の習得を進めることが、高校を卒業する要件を満たしていくことになります。このように無駄な単位の取得に時間をかけずに、効率的に自分を高められることが大きなメリットです。

「興学社高等学院」で輝く自分になる

松戸市の興学社高等学院は、3年間で卒業率100%を誇る私立の通信制高校です。中学時代、通学できなかった生徒も通いやすいよう様々な工夫や、生徒それぞれの夢を徹底サポートする高校として高評価されています。小中学とコミュニケーションが苦手だったり、勉強が苦手な生徒や心が不安定な生徒も、興学社高等学院で楽しい高校生活を送っています。クラスも1クラス15人前後の少人数制なので、生徒と先生の壁がほとんどありません。日頃から双方のコミュニケーションが取れているので、先生も生徒の変化に敏感になれるのもこの学校の特徴です。卒業できるよう先生やスタッフの徹底したフォローで支えられます。また心の病気やコミュニケーションが苦手な人、悩みがある人も数多く卒業していますが、自己肯定感が持てるよう講師やカウンセラーが支えます。必修科目以外の選択科目も充実しており、パソコン関係や音楽・美術・体育など様々です。将来の夢に向かって高校1年から職業体験もできますが、例えば美容院での職場体験などができる環境も整っているので、生徒はより具体的に将来の夢を膨らませるようになり、やる気が出てきます。夢がまだ見つからない生徒も夢が見つかるよう様々な職業体験できる環境を用意。興学社高等学院は入学前の学力は一切問わないのがルールですが、大学進学も応援します。今の学力では難しい大学を本気で目指したいと考える生徒には過去に遡って苦手な所を明確にし、少しずつ意欲がわくようサポートします。より本格的な受験対策を行う特進科もあり、そこで受験に詳しい大手の東進予備校の授業も受けられます。通信制高校の中で大学進学率が高いのも利点で、早稲田・明治・駒沢大学などの都心を中心とした有名大学にも多数合格した実績があります。全体的に学費は高いですが、その分高校卒業と予備校での授業が受けられます。口コミでも、コミュニケーションが取れるようになった、先生の十分なサポートのお陰で学校生活に上手く溶け込めた、自主的に楽しんで勉強できるようになった、不登校の子供が明るくなった、等と生徒からも保護者からも良い評判です。校風や担当講師についてはオープンキャンパスで実際に見て自分に合っているかどうか確認をお勧めします。やりたいことを好きに学べる学校なのでやりたい事を真剣に考えるようになった、先生たちのサポートが手厚いのでどんな人も安心して学べる、等との声もあります。

学びの機会

興学社高等学院は千葉県松戸市に開設されている通信制高校で、千葉県教育委員会指定の技能教育施設です。同校では独自のメソッドであるソーシャルスキル・トレーニング、略してSSTを実施しており生徒自らが考え学ぶ事ができる授業に定評があります。校訓には「自分らしく、キミらしく。」を掲げ、不登校児や発達障害など持つ生徒の受け入れも積極的に行っており、多くの生徒に学びの機会を与えながらスキルアップを図り、それぞれの可能性を伸ばす教育が高く評価されています。設置されている学科はいずれも通信制課程で、自分で好きなように選んだ授業で時間割を組んで自由に学べる総合特進課、大学受験に特化してどんどん進んで行きたい人のための特進課に加えて、ひとりひとりの特別な感覚を活かした感覚統合と応用行動分析で社会的なスキルを身につけて行くリベラルアーツ課があります。興学社高等学院の特長は、生徒が通いやすいように授業の開始時間を午前10時に設定している事に始まり、自分のペースで柔軟性を持って学べる授業は少人数の個別指導で長所を伸ばし弱点の克服を目指します。同校の最大のメソッドであるソーシャルスキル・トレーニングでは、課題と場面の設定をしてロールプレイを行ってからフィードバックで良い点と改善点を挙げて問題解決を目指しながら、コミュニケーションスキルや自ら問題点に気付き解決して行く能力を身に付けて行きます。今後ますます求められるIT分野への対応をいち早く行っており、パソコンの授業ではロールプレイングゲームの作成をはじめ、WordやExelなど今や必須と言えるスキルも習得したり、最近では時代の最先端であるスマートフォンアプリを開発する授業もスタートしました。さらに、心理学や鉄道研究をはじめコーラスやハンドベルなど、ここでしか受けられないユニークな授業もあり、同校の興学社高等学院という名称が示しているように、生徒が自ら興味を持って学ぶ要素が盛り込まれた授業が数多く取り入れられています。原則としてクラス分けは無く、それぞれの生徒が好きな授業を好きな時間に受けられるという形式を採用しているだけではなく、質問や疑問点があればいつでも教職員への個別指導の相談もできます。興学社高等学院は、これまでの学校の概念とは違う新たなスタイルを積極的に取り入れ、さまざまな境遇にある生徒に学びの場と社会で必要となるスキルを身につけられるチャンスを与えています。

ひとりひとりの個性

千葉県松戸市に開校している興学社高等学院は生徒ひとりひとりが自由に科目を選択して作成した時間割で授業を行い、職業体験などを通じてソーシャルスキルも身につけられるこれまでに無い高校で、不登校児や発達障害のある生徒を積極的に受け入れている事からも大きな注目を集めています。1クラス15人程度の少人数制で教職員とのコミュニケーションを密にしながら分からないところや疑問点はすぐに質問できる環境で長所を伸ばしながら弱点を克服する総合的な学力の向上を目指せます。また、習熟度別の教科指導も行っており、小中学生の基礎学習からおさらいもできるので、高校のカリキュラムについていけないと心配の生徒もすぐに追いつく事ができます。興学社高等学校の学科は総合進学科と特進科に加えてリベラルアーツ科が設立されています。総合進学科は自分で時間割を組み好きな授業を選べるので、自由な雰囲気の中で個性や能力を伸ばす事ができます。特進科は大学受験を徹底的に目指したい生徒のための学科で、レベルに合わせた推薦講座で受験に向けた学力の向上を目指します。リベラルアーツ科は生徒の潜在能力を引き出しながら応用行動分析により社会で必要となるスキルを身につけて行きます。興学社高等学院の授業は一般的な主要科目だけではなく、ホームページの作成に加えて今やビジネススキルとしても必須の文書作成や表計算ソフトの使い方を基礎から学べるパソコンをはじめ、対話力を身につけるコミュニケーションなど社会に出てから役立つ科目があります。その他にもスポーツや音楽、イラストなど全部で80種類以上にものぼり、生徒が楽しみながらさまざまな可能性を伸ばす事ができる授業も取り入れられています。体験型就職ガイダンスでは、これまで興学社高等学院が培ってきたネットワークにより提携している数多くの企業から講師を迎え、プロの現場を知るエキスパートによる講義を受けたり職業体験をした貴重な時間は、自身の進路の選択に役立つだけではなく将来の就職にも圧倒的に有利になります。最後にもうひとつの興学社高等学校の他校には無い大きな特長にソーシャルスキルトレーニングの存在があります。与えられた課題についてグループでロールプレイを行い、自ら問題点を発見しながら共同で解決方法を探り、対話力や問題解決能力を育んで行きます。興学社高等学院は、自由な校風の中で他校には無いユニークな授業で生徒ひとりひとりの個性を伸ばせる学びの機会を与えています。

授業が自由に選択できます

興学社高等学院は、習熟度別に小中学校の基礎から勉強をサポートしている学校なので自分のレベルに応じた進度で学ぶことができます。生徒一人ひとりを大切にするシステムが構築されている、1クラス15人前後の安心の少人数制の学校です。定期テスト前にはテスト対策授業があるので単位の心配はなく、生徒にとって優しい配慮がなされています。テストでミスをしたとしても単位獲得のためのフォローがあり、何かあった時は担任や副担任がサポートしてくれるので理想的な学校と言えるでしょう。普段の授業はネイルやイラスト、ボイストレーニングやゲーム作成など80種類以上の様々な授業から選択できるので伸び伸びと学習できる体制が構築されています。興学社高等学院の魅力は自由選択授業があるところで、必修授業以外の時間は自分で好きな授業を選ぶことができるのです。授業は80種類以上あり、パソコンやイラストが得意な人はその授業を多く選択したりコミュニケーションの授業や運動系の授業、音楽系の授業を多く選択できるなど自由です。将来の夢や目標に向かって早くから一緒に考えてくれるのも魅力の1つで、体験型職業ガイダンスが用意されています。進路選択の時期である高校3年生になってから考えるのではなく、進学や就職してからスタートダッシュできるよう3年間でじっくり考えてくれるので生徒は安心できますよね。初めての人と話したりみんなの前で何かするのが苦手な人のために、ソーシャルスキルトレーニングも行っています。苦手に考えていることを少しずつ克服していけるプログラムなので、新しい自分をきっと見つけることができるでしょう。興学社高等学院が他の学校と違うのは、中学校に行けなかった生徒でも通えるようになるところです。全日の高校が始まる時間に授業をスタートすると、駅で中学のクラスメイトと鉢合わせになることがよくありますよね。できれば会いたくないと考える生徒のために、朝は10時からのスタートになっています。これなら駅でバッタリクラスメイトに会うこともなく、昼夜逆転の生活をしている人でも通える時間です。英語や数学などの教科書の授業ばかりだと嫌になりますが、興学社高等学院にはゲーム作成やネイルアート、ヨガなどの授業が選べるので登校するのが嫌になりません。特筆すべきなのはクラスが固定でないところで、興学社高等学院では好きな授業を選ぶことができるので教室も変わります。クラスメイトもそうなると当然変わるので、苦手な人と無理してずっと一緒に座っている必要はありません。とても自由な校風なので、伸び伸びと勉強ができそうですね。

興学社高等学院とはどんな学校なのか

高等学校は義務教育ではありませんから、本来は入学しないといけないものではありませんが、現代の日本の教育システムでは入学・卒業が当たり前になって、半ば義務教育の1つになっている観があります。この多感な時期は精神が鋭敏で、高校に入学して勉強やスポーツあるいは興味を持ったものに打ち込むと、働いていたら手に入れられないものをたくさん得ることができます。現在、一般的に高校に進学するということは学業を更に進め、大学に行くためのものである考えが強くあります。しかし高校に入学するとまず多くの知己を得られる点があり、それまでの中学時代は、近くに住んでいる者同士で過ごしていた世界が、高校に入学すると、これまで育ってきた環境が異なる文化と遭遇することになります。自分とは異質の異文化の存在を知ることになりますから世界が一気に広がり、人間を大きく成長させることに繋がるはずです。最初は戸惑いますが、これは必ず人間を成長させ、高校時代に出会った人はその後の人生に大きく影響します。高校は教養的な勉強は必要なものかもしれませんが、それだけではありません。自分の興味があることを見つけ研鑽するという道もあっていいと考えます。千葉県にある興学社高等学院はそのような考え方の生徒の成長を促進してくれます。必修授業はありますが、その他の自分の受けたい授業を選択することが可能で、例を挙げるとパソコンの授業・運動系の授業・音楽系の授業・イラスト系に授業など80種類以上ありますから、必ず受けたくなるものが見つかります。興学社高等学院の大きな特徴は、学ぶことのみならず、人とのコミュニケーションが円滑にとれる方法ソーシャルスキル・トレーニングも行えるところでしょう。何らかの理由で人とうまく話せなかったり、疎外感を持ったりする場面はありますが、それを乗り越えられなかった人のためのカリキュラムです。このことは、早い時点で若い内に克服しておくことに越したことはありませんから、その点に特化したこのカリキュラムは、偏差値の高い学校に通っている人にも需要が高いかもしれません。また小中学校で分からなかったことを再度理解できるまで教えてくれる、レベルごとの授業もユニークな点です。分からないことをそのままにしていると、ずっともやもやしている状態が続き、その後の授業内容は全く頭に入らないものです。単に記憶だけする、自分の頭で考えることの必要がない、なぞるだけの知識しか身に付きません。興学社高等学院はここまでやってくれますから、授業を受けるたびに学校に通うことが楽しくなることは間違いないはずです。どんな学校かを知るにはオープンキャンパスに行ってみることが一番ではないかと考えます。在学生にも接することができますし先生の実際の姿を見ることもできますから、必ず何かの判断材料になると思います。

未来の自分を開拓・構築できる興学社高等学院

敢えて言わなくても高校生活の3年間は人生にとって重要な時期です。精神的にも肉体的にも飛躍的に成長し、人生においての基礎的な多くの部分を、この高校生活で身に付けることになるはずです。中学生までは勉強もスポーツもその他の面でも、人に自慢できたり得意なものがなかったとしても、高校生活で出会った友人や先生によって感化し、大いに成長し飛躍できた人はたくさんいます。たとえ今まで自信のない、確固としたものがないといった人でも、高校生活をどう過ごすかで、その後の人生をどうにでもできる時間が高校の3年間です。興学社高等学院は自由選択授業の方式を採って、必修授業以外の時間は、自分で好きな授業を選択することができます。パソコンの授業を多く選ぶことも可能、スポーツ系の授業をたくさん取り入れるのも自由、音楽・イラスト系の授業だって用意されていますから現在少しは興味があったり、出来たりするものが必ずあると思います。興味のないものや、面白くないものをずっとやっても長続きはしませんが、自分の好きなものはずっとやっていられます。こういったカリキュラムが取得単位として80種類以上準備されていますので、必ず通学したいと思う高校となるでしょう。小学校・中学校のとき、勉強が苦手で、人より遅れている場合だって大丈夫です。興学社高等学院では1クラス15人前後の少人数制のクラス編成で、習熟度別の教科指導では小中学校の基礎学習からの指導を行ってくれますので、遅れがあったとしても挽回できるチャンスがたくさん用意されています。先生と一緒に苦手をひとつずつ克服し、攻略していく快感を得るステージがたくさん準備してあるのです。勉強はもそうですが、対人関係が苦手だというケースもあるでしょう。初めての人と話すことが苦手、周りの人と自分に距離感が常にある、などの対人関係に自信がなくても大丈夫です。興学社高等学院のSST(ソーシャル・スキル・トレーニング)はそういった苦手に考えていることを少しずつ克服していけるような、他の学校にはあまりないプログラムです。先生や同じように感じている友人と一緒に少しずつ克服して、新しい自分を再構築していくことが可能なプログラムです。高校を卒業したら、すぐ仕事に就いて社会人になると考えている人も多いと思います。そのような準備は早い段階から行っておくと、余裕ある選択肢を得やすくなります。体験型職業ガイダンスはそのように考えている人にピッタリのもの。高校の3年間でムリをせず少しずつ自分の生きる道を考えたり、探したりすることができるシステムも構築されています。このガイダンスで、新たな自分の才能に気付くことも多いでしょう。

松戸市の私立通信制高校・興学社高等学院

2006年設立、千葉県松戸市の興学社高等学院は、3年間で卒業率100%を誇る私立の通信制高校です。中学校を通えなかった生徒も通いやすく、発達障害や学習障害の生徒が50%、不登校経験の生徒が50%なので様々な悩みを持つ生徒に理解ある学校です。一般の高校は8時前後に登校することが多いですが、興学社高等学院は10時から授業開始なので、中学時代の同級生と登校中に偶然会う心配もなく安心して登校できるよう配慮されています。昼夜逆転した人も通いやすい時間帯です。授業内容も充実しており、パソコン関係はWord・Excel・プログラミング・ゲーム作成等があり、体育もヨガやダンス・エクササイズ等好きな内容を選べます。美術ではデッサン・クロッキー等、音楽はハンドベル・コーラス等、他にもフランス語や心理学、ファッション・写真・声優・ディズニー研究・ネイル・鉄道等、英語検定・漢字検定・パソコン検定、世界遺産検定など、学校に通いやすいよう80種類以上の授業が用意されています。毎日同じような授業ばかりで退屈に感じたり、学校行にきたくない、勉強嫌い等と思う心配もありません。小中学校の不登校や授業についていけなかった生徒も基礎から学べるよう生徒の習熟度に合わせて行います。テストで結果を出せなくてもサポートが手厚いので、単位取得を心配せずに自分のペースで学習できます。様々な種類の授業があるのでクラスが固定されておらず、授業毎に教室が変わるので一緒に授業を受けるクラスメイトも変わります。苦手な人がいても固定クラスではないので不登校になりにくいです。大学進学を目指す「特進科」の生徒には大手予備校の授業を受けることもできます。1クラス15人で、生徒1人1人に合わせた教育を可能にするとても先進的な学校です。入学時の学力は一切問わない、今の変化が激しい時代に対応したユニークで多様性を本当に認めている学校です。担任の先生の多くがカウンセラーの資格を有し、先生たちは皆あなたの味方になってくれます。コミュニケーションが苦手な人も学校全体で自分に合う友達作りのサポートもしてくれ、心から安心できる居場所を提供し、苦手な事より得意な事を伸ばす教育をします。また特性検査を行うことで、生徒に無理に何かをさせる事なく、生徒に適した言葉掛けやアプローチを心掛けます。