ぽい

記事一覧(49)

卒業した後に繋がる勉強

高校は義務教育ではないため、中学校までとは大きく異なる教育が行われるようになっています。そのため、どこに通っても同じ水準の教育を受けられるわけではなく、選び方を間違えてしまうと自分自身が苦労することになるのです。とりわけ注目を集めるようになっているのは、一般的な高校とは違う通信制を採用している高校です。通信制というのは、文字どおり通信による教育を行うことを指しています。学校に通うことが困難な人でも利用することができるため、幅広い人から支持されているのです。通信制高校の中でも、2006年に設立された興学社高等学院が高い評価を受けるようになっています。興学社高等学院は千葉県松戸市にある高校ですが、一般的な通信制高校と異なり卒業率が100%となっているところが特徴です。たいていの通信制高校は、どうしても卒業に至らない生徒が出てきます。なぜなら、中学を卒業した後に入学するとは限らず、さまざまな背景を持った人が利用しているのが通信制高校だからです。事情があって、卒業するまで続けたくても続けられないということが頻繁にあります。興学社高等学院の卒業率が極めて高くなっていることには、当然のことながら理由があるのです。ただ授業を提供しているだけで、自然と卒業率が高くなることはあり得ません。興学社高等学院では、通う生徒の自由度を高めることを意識して教育を行っています。高校というと決められたクラスで授業を受けるイメージが強いものですが、クラスという概念を取り払って授業を行っているところが最大の特徴です。高校として多くの授業を提供しているわけですが、生徒はその中から自由に選択して授業を受けることができます。周りの人とうまく接することができない、人間関係で悩んでしまう、という人にとって非常に便利なシステムです。高校での授業というと、英語・数学・社会といった科目が中心になりますが、それ以外の科目にも力を入れています。社会に出てから役立つ知識を身につけられるように、たとえばコンピュータ関連の授業も充実させているのです。コンピュータであれば一般の高校でも積極的に取り組む方向に進んでいますが、興学社高等学院の場合はより独特のスタイルになっていて、ファッションのスキルを磨くための授業もあります。自由に授業を選びながら、卒業した後のことを考えて勉強することができるため、多くの人々から評価されているのです。

苦手なこと自分のペースで向き合うということ

興学社高等学院は苦手なことも少しずつできるようになっていくといった私立の通信制高校です。この学校は千葉県松戸市にある高校で、2006年に設立されました。このスクールの最大の特徴といわれているのが3年間で卒業率が100%ということなのです。通信制の高等学校というと、一般の高校と比較すると卒業率は低いという傾向があるというイメージがあるといえますが、この学校は不登校経験のある生徒や発達障害などのある生徒たちが在籍しており、その中で高い卒業率をもっているのです。では興学社高等学院にはこのような高い卒業実績があるのでしょうか。その点については、その最大のポイントとして挙げられるのが自由度の高いカリキュラムがこのスクールの教育方針に位置づけられており、多様性が認められているからということなのです。具体的には、この学校では授業やクラスが学校側によって決められるというのではなく、クラスという概念をなくし、選択肢の中で好きなものを生徒選んで授業が受けることができるようになっているからなのです。自分で受けたいものを選べ、クラスという概念はないため生徒にとってスクール活動がしやすくなるというメリットがあるのです。興学社高等学院では生徒のために用意されている授業数はとても多いといった特徴があります。基本的によくわからない授業を受けなければならないくらい生徒にとってつまらないことはないと考えられており、一人ひとりの習熟の度合いに合わせて授業が選択することができるようになっているのです。さらに、卒業認定に必要とされる単位についても学校側の手厚いサポートによって単位取得が実現できる態勢が整えられているのです。また、就職で役立つスキルなどを高めるための授業もしっかりと用意されており、授業選択の幅もとても充実しています。このスクールの授業数は80種類を超えており、本校では興味のある授業が受けられるようになっているのです。例えば、ワードやエクセルだけでなく、ゲームの作成といったパソコンなどを使った授業も選択することができ、さらに、ファッションや写真、そして女子生徒などに人気のネイルなども選択の対象となっています。加えて、英語の検定や漢検、世界遺産検定といった資格取得も目指すことができる授業も選択できるのです。このスクールは変化が激しい今日の社会を生きていくことができるよう幅広い多様性が認められているスクールです。

人間関係の悩みについて

人間関係の悩みというのは、大人の世界のことだけではありません。子供には子供の世界での人間関係があり、上手に付き合いができる子もいれば、できない子もいます。大人でいえば、世渡り上手や八方美人と呼ばれ、誰とでも話を合わせてそつなくお付き合いができるということになりますが、大人になるまでの間に経てきた経験から身に着けたものであることもしばしばです。また、傍目からは世渡り上手に見えても、当人は過去に辛い思いをした体験から得た護身の手段だったりもします。子供には子供の付き合いがあるとはいえ、子供は大人のように経験を積んで「こうすればうまく付き合っていけるのだ」という判断が出来ませんから、友達作りが苦手な子はクラスの中でいつも一人ぼっちだったり、グループの中に入ったとしてもいつも周囲の子の顔色を気にして過ごさなければなりません。そんな人との付き合い方がわからず、学校に行くことが苦痛になり不登校という流れが増えてきているのが現状だと考えられます。小学校から中学校へと進む中でこうした傾向は強くなりますが、その先には高校受験が控えています。いったん不登校になれば勉強もおくれをとりますし、受験がうまくいかなくなる可能性も高くなるのは必至です。そんな子供にとって救いとなるのが、千葉県松戸市にある興学社高等学院です。この学校は全日制の高校ではなく、かといって通信制の高校でもない、今の時代に合った新しいタイプの高校という位置づけの技能連携校です。技能連携校とは、学校教育法第55条に定められた「高校卒業資格を取得できる教育施設」のことを意味します。そのため、興学社高等学院は全日制の高校と同じように通学はしますが、授業の必修科目は英語、国語、数学の3つだけで、その他の授業は社会に出たときに実際に役立つ技能を身に付けられる内容を、自分の興味のある中から選択することが出来るのが特徴です。今の時代の必須スキルであるパソコンは、若い世代にとっては当たり前のツールですが、そのパソコンで表計算や文書作成に関するスキルを身に付けられたら、興味のあることだけに楽しく授業を受けることが出来ます。その結果、資格取得にチャレンジして合格できたなら、大きな自信になるのは間違いありません。大学受験に備えて勉強をすることがメインになる全日制の高校よりも、はるかにフレキシブルに、楽しく、そして社会に自信を持って出られる人間になれる高校があるとしたら、それが興学社高等学院だといえそうです。

インターネット社会においての学校教育とは

インターネットが身近になり、どのようなことも瞬時に知ることが出来るという利便性を享受することが可能になった一方で、SNS上では顔が見えないのをいいことに誹謗中傷が横行し、それによって傷つき、人間不信になって学校に通えなくなる子供が少なくありません。自分でも何とかしないといけないと思いながらもどうしていいかわからず、家族としてもただただおろおろするばかりという状況は、そう簡単に打開できるものではありません。そんな時に、そろそろ高校受験を考えないといけない時期に差し掛かってきたともなると、将来どうなるのだろうかという不安がさらに膨れ上がり、いっそう引きこもりに拍車をかけてしまいかねないのが現代社会の特徴とも言えます。そんな複雑な現代社会では、中学卒業後の進路として通信制高校を選ぶという選択肢が増えてきています。千葉県松戸市にある興学社高等学院もそんな通信制の私立高校です。この通信制高校の特徴は色々あります、一番は3年間の高校生活を終えて卒業する生徒の割合が実に100%であるということでしょう。つまり、入学した生徒は一人残らず、無事に卒業するということになります。一般的にはよほどの理由がない限り、ほとんどの中学生は全日制高校へと進学しますので、その中で通信制高校を選ぶには理由があります。何か特別な才能に秀でていて、全日制の学校ではなかなか学ぶ時間が取れない人か、不登校になって学校に通うこと自体に恐怖心がある場合や、コミュニケーションをとることがうまくできず、学友たちとの学校生活に不安がある場合です。興学社高等学院の必修教科は、英語と国語、それに数学の3つの教科だけですので、不登校の時期があったとしても何とか受験対策が可能と言えます。それに加えてもう一つの必修教科がソーシャルスキルトレーニングです。ソーシャルトレーニングとは、人と話すことやコミュニケーションをとることに苦手意識があり、うまくできない人のために用意されたトレーニングで、通常の全日制高校にはまずないであろう独特の教科です。引きこもりからの糸口が見つからない中へ、高校受験が迫るという焦りの中でもがいている学生に一筋の光を与えてくれる興学社高等学院は、多様化する今の時代にあって、通信制高校という教育内容そのものを変えていく力がある高校だといえます。通信制高校ではあるものの、登校するにあたっては朝の通学ピーク時間帯を外した10時から登校できるようにするなど、これまでの常識に当てはめて考えない柔軟な学校生活が送れるところが、通信制高校でありながら卒業率100%を達成している秘訣と言えます。

高校卒業資格と現代社会の仕組みについて

高等学校は義務教育ではありませんが、現代の日本の教育システムや社会的な位置付けはほとんど義務教育の1つになっています。大学に進む進路は考えなくても、高校に行かないという進路は、本人がそう思っていても両親や親戚など周囲が許さない環境があります。高校はたしかに中学までに習得した学業のを更に進めたり、新たに学ぶジャンルを増やし知見を深めるところですが、多くの知己を得る場にもなります。16~18歳という心も身体も大きく成長するこの時期に出会った友人は、生涯の友となることも多く、お金では得られない財産を築くことができます。しかしながら本来進学するこの時期に、さまざまな理由で高校に通えない場合もあり、そのための学校が興学社高等学院です。用意されている学習プログラムは英語・数学などの普通科の教科ばかりでなく、ゲーム制作・ネイルアート・ヨガ・心理学など80種類以上あり、通常の教科の授業は理解できなくてつまらないけれど、あの授業は楽しいから学校に行くというケースも出てくるはずです。80種類の内、どれか1つは人より秀でるジャンルがあることに気付くことができ、自信を持つことができるのです。この学習プログラムの多さはクラスが固定にならないメリットもあり、多くの学校がクラスが固定で、合わない人と一緒に授業を受けることになるのに比べ、メンバーが変化すると波長が合ったり、趣味があったりする友人と出会う確率が高まります。それ故、生涯の知己となる人に出会う可能性が興学社高等学院にはあります。興学社高等学院は、3年間での卒業率が100%という特長もあり、分からないものは理解できるまで、たとえ小中学校レベルの勉強内容でも確実に習熟できるまで、レベルに応じた進度で学習できる環境です。また卒業後の進路は大学進学をはじめ、短大進学・専門学校進学・就職など多岐にわたっています。進学先は早稲田・明治・駒沢・日本・青山学院などがあり、多くの普通科高校と変わらないものです。理解できないものをそのままにせず、分かるまで教えるスタイルがこの結果になっているのだと考えられます。他には大学・短大・専門学校に推薦制度があり、これまで多くの進学者があります。ここまで書くと興学社高等学院とはどんな学校か疑問に感じることもあると思います。そういったことを解消するため、オープンキャンパス制度がありますから、ぜひ参加してみて下さい。学校の雰囲気がすぐ分かりますし、個別に相談も可能です。申し込みは簡単で、メール・電話・FAXで申込むことができます。入学に当たって、このような問題があるのですが、などの相談もできますので事務局まで連絡してみて下さい。やはり高校卒業という肩書きは、現代社会情勢では最低限必要なものだと言わざるを得ません。

魅力的な学校とは

高校進学は基本的に本人の意志によりますが、近年の高校への進学率は高く中学卒業後はほとんどの子供が進学します。興学社高等学院は学ぶだけでなく楽しい場であることも心掛けますが、生徒と教師がフレンドリーで教師があだ名で呼ばれるなど友達のような関係も魅力です。例えば写真を撮りながらリラクゼーションを図る教師、または歴史人物研究の授業など幅広い側面から授業を行います。授業が豊富で、ゲーム作成やヨガ・心理学・ファッションメイク等、他校では学べないカリキュラムで生徒の興味や関心を高めます。学年や性別、今までの経歴に関係なく、仲良くなれる雰囲気が魅力の一つです。もし進路に悩む生徒がいれば教師のブログを見て励まされたり、一人で決められない事は教師が一緒に考えたり、一緒に楽しく学生生活を過ごし、何でも相談できる空間作りに努めます。学校で一番大切なのは楽しむ事、1人1人が個性を発揮する事ととらえ、地理や江戸時代の検定・世界遺産検定などの授業も実施されます。パソコン関係の授業も充実、将来に役立ちます。ホームページ制作・Webデザイン等のスキル修得も可能で、ゲーム制作なら先生自身がゲーム大好きなので心強いです。マンガ・アニメ好きな先生が多く在籍し、生徒目線で授業ができるので上達も早いです。パソコン教師の中にはネイル授業を掛け持ちする先生もいます。また興学社高等学院では音楽は絶大で人の心を癒やす力があると考えます。音符や楽譜が読めなくても感じる授業を大切にします。音楽の先生の中には、フランス語やヨガを教える人もいます。声優の授業を掛け持ちで担当する等、幅広い授業が行われます。イラストレーターや漫画家が夢ならばイラストの授業が取れますし、インターネット好きでもっと詳しくなりたいならパソコンの授業を選択できます。音楽好きで、自分で作詞作曲できるようになりたい場合はボーカロイドコースを選択、器材も用意されて曲の作り方から学習できます。ダンスやコーラス・鉄道研究など趣味の幅も広がるので授業中に眠くなる事も勉強嫌いになる事もありません。就職に役立てたり趣味をプロ並に目指せるのも興学社高等学院の人気の理由です。不登校になりがちな生徒にも気を配り、授業開始時間を10時と少し遅めにして朝早く起きるのが苦手な人を支えます。教科学習は生徒一人一人に合わせて指導するので、勉強がついていけない心配もなく効率よく学力が身に付きます。

子どもの適正とは

小学校や中学校に通っているうちに、何らかの理由で不登校になってしまったという人も多いと思います。クラスメイトとのトラブルに巻き込まれてしまったり、傷つけられる体験から立ち直れなかったりとその理由は様々です。そういった人におすすめの学校に興学社高等学院があります。興学社高等学院は千葉県松戸市にある学校で、全日制・定時制・通信制といった3つのコースから選ぶことができます。WISC-Ⅳという検査を導入しています。これは発達のアンバランス具合を細かく確認するための検査で、その結果を元に一人一人に適した言葉かけや行動のアプローチをすることに役立ちます。この検査を行うことで、子どもに対して適切な支援を行うことができるようになります。キャリアステーションという連携施設もあり、学校の先生やカウンセラーを対象として研修会(セミナー)なども実施しています。興学社高等学院の特徴は、手厚いフォローにもあります。小学校や中学校で教わる内容も含めて、習熟度に合わせてサポートを行っています。不登校になってしまったので、分からない部分があるという生徒も少なくありません。しかし、そのまま放っておいてしまうとますます勉強についていてけなくなり、学校に通うのが嫌になってしまうこともあります。習熟度別の教科授業では自分のレベルに合わせて進行するのでそういった心配がありません。テストに出席することが出来なかった場合のフォローや単位を取得するためのフォローも行っています。興学社高等学院には、80種類以上の自由選択教科があります。自分の興味があることを重点的に学ぶことができるので、個性を伸ばすには最適です。WordやExcel、タイピングなど事務に必要なパソコンスキルを学ぶこともできますし、ゲーム作成やプログラミングなども学ぶことができます。デザインやアート、イラストなど芸術関係の授業もありますし、ネイルや鉄道といった趣味を豊かなにする授業もあります。そして興学社高等学院の魅力は、ソーシャルスキル・トレーニングを実施しているところにあります。ソーシャルスキル・トレーニングは、自分の思っていることや考えていることなどを上手に人に伝えるスキルを学ぶ教科になります。人と話すと緊張してしまったり、言いたいことが言えなくなってしまうという人も多いのではないでしょうか。ソーシャルスキル・トレーニングを学ぶことで、人とのコミュニケーションが出来るようになります。

卒業率について

千葉県松戸市にある興学社高等学院は、通信制の高等学校です。通信制の高等学校には様々な事情を抱えた子どもたちが通っており、途中で退学してしまう生徒も残念ながら少なくありません。しかし興学社高等学院は、生徒の卒業率が100%です。つまり入学した生徒3年間学び続けて、立派に卒業していることになります。この卒業率100%という数値は非常に素晴らしいことで、一般的な高校でも簡単に達成できません。それが通信制高校でありながら達成できる理由は、自由度の高さにあると言えるでしょう。一般的な高校では生徒は入学したら、30人から40人程度のクラスに振り分けられ1年間過ごさなければいけません。しかし生徒の学力は均一ではなくそれぞれで差があり、また性格も違うので合う合わないが出てきます。そのため勉強についていけない子どもが出てきたり、クラス内で孤立する生徒も少なくありません。多様性を認める自由度の高さが特徴の興学社高等学院には、クラスすら存在していません。クラスが存在していないと、これまで普通の教育システムにしか触れていない人達はどのように学習を進めるのか気になるでしょう。興学社高等学院では、生徒が自由に授業を選択します。選択した授業が行われている教室に自ら行って受けるシステムになっているので、既存のクラスというシステムは必要ありません。このようにクラスという日本の学校教育において当たり前のシステムを設けないことにより、生徒は自分のレベルに適した授業を受けることが可能です。自分に適したレベルの授業なら理解も早まるので、自信を持てるようになり自立した人間になるためのきっかけを得られるでしょう。また与えられるのではなく自分で授業を選択するシステムというのも、自立心を養うための一助となります。そして授業ごとに教室が違っていれば、一つの人間関係に縛られることがありません。クラスという狭い世界の中で毎日の生活をしていると、煩わしい人間関係から抜けられず窮屈な思いをします。しかし教室ごとに授業を受ける仲間が異なれば、広い世界の中で高校生活を過ごすことが可能です。多くの人と知り合い一緒に勉強していれば、コミュニケーション能力を磨くことに繋がることもあるでしょう。このように興学社高等学院では、生徒の多様性を認め自由度の高いシステムを採用しています。だからこそ高い卒業率を誇り、通信制の高等学校として高く評価されています。

「興学社高等学院」の他とは違う魅力とは

みなさんは「興学社高等学院」をご存知ですか。「興学社高等学院」は、2006年に設立された千葉県松戸市にある高等学校です。その最大の特徴は3年間で卒業率100%を誇る私立の「通信制高校」であるという点にあります。通信制と言うとさまざまな背景の人が通うため、一般的な高等学校に比べてその卒業率が残念ながら低い傾向にあるのが一般的です。そのような中で本校は中学校にうまく通えなかったなど不登校経験のある生徒や発達障害あるいは学習障害のある生徒を積極的に受け入れながらこれだけの卒業率を誇っています。このような高い卒業率を誇る最大の理由は、本校の教育方針の多様性制を認める「自由度の高さ」にあります。通常の高等学校で受ける授業やクラスは自動的に決められてしまっていることがほとんどです。一方で、興学社高等学院にはクラスという概念がありません。提供されているさまざまな授業の中から自分で好きなものを選択し受けることができます。その結果、授業ごとに教室の変更が必要となり「クラス」という概念が存在しないシステムとなっているのです。このようなシステムは人間関係を築くのに苦手意識がある人にとっては非常に魅力的と言えるでしょう。また、用意されている授業の数が非常に多い点も本校の大きな魅力です。わからない授業程つまらないものはありません。本校であれば個人個人の習熟度に合った授業を選択して受けることができます。なお、卒業に際しては当然ある程度の単位の取得が必須となりますが、手厚いサポート体制により勉強が苦手で小学校レベルの内容の理解すら難しかった方でも本校であれば高等学校卒業資格をきっと得られることができるでしょう。一方で就職に役立つさまざまなスキルアップ可能な授業も多く用意されています。その分野はWorldやExcel、プログラミング、ゲーム作成などパソコン関連のものだけでなく、一般的な授業の概念を超えたファッションや写真、ネイルなどもその対象です。更に、授業を通して英語検定や漢字検定、世界遺産検定などの資格取得を目指せる授業も多く用意されています。その数は80種類以上を誇るため、本校であれば必ず興味がある授業に出会うことができるでしょう。なお、入学時に学力が一切問われないのも本校の特徴です。変化の激しい時代において幅広い多様性を積極的に認めている学校です。興味がある方はぜひ進学時の参考にしてみてください。

特徴と魅力

興学社高等学院は通信制高校の技能教育施設の一つで千葉県の松戸市にあります。必修教科は英語に国語、数学そしてソーシャルスキルトレーニングの4つです。ソーシャルスキルトレーニングとは、人と話したりするのが苦手で、上手にコミュニケーションがとれないという人向けのトレーニングで、組まれたプログラムをこなしていく事で上手くコミュニケーションが取れないという苦手意識を克服する事が出来ます。これを必修の一つにする事で、社会的に役立つ言動や行動をしっかりと学び、身に付ける事が可能です。一般的な高校だと、どうしても大学進学を想定に入れてカリキュラムを組む為、授業も5教科を中心にまわす事になります。しかし興学社高等学院のカリキュラムには柔軟性があり、必修の授業以外の時間は、60種類以上ある教科の中から自分が希望する授業を好きに選んで時間割を組み合わせる事が出来ます。例えば将来イラストレーターや漫画家を目指したければイラストの授業を取れば良いですし、インターネットが好きでもっと詳しくなりたかったらパソコンの授業を選択すれば良いです。音楽に興味があり、自分で作詞作曲が出来るようになりたければ、ボーカロイドコースを選べば、器材も用意されていますし曲の作り方から勉強する事が出来ます。もちろんダンスやコーラス、鉄道研究と言った趣味の幅を広げるようなものもあるので飽きる事がありません。このように将来就職する時に役立つものから、趣味程度の実力をプロ並へと変えるものまで自分に合った授業を選択出来るのが興学社高等学院の大きな特徴です。興学社高等学院には他にも魅力が沢山あります。まず一般的な高校だと登校時間は大体朝の8時から9時なので通うのも大変ですが、興学社高等学院では不登校になりがちな生徒でも楽に通う事が出来るように、授業の開始時間は10時からと若干遅めに設定されているので、朝早く起きるのが苦手な人にとっても大きな魅力です。また教科学習は、塾のように生徒一人一人に合わせて指導をしてくれるので、勉強でついていけなくなるという心配もなく、効率よく学力を向上させる事が出来るというのも良い点の一つです。他にもクラブ活動が非常に盛んで、フットサルやダンスといった体を動かす系のものから、イラストを描いたり様々なレクリエーションを楽しむと言うものまで沢山のクラブがあるので、時間に余裕がある人は底に参加すれば友達の輪を広げる事も出来ます。

生徒の自立

中学校卒業までは日本の法律で義務教育とされていますが、高等学校への入学は基本的には本人の自由な意思によるものとなっています。しかしながら、近年は高等学校への進学率も高くなっており、中学卒業後はほとんどの子供たちが進学しています。興学社高等学院の特徴は、「生徒の自立を促してくれる」ことでしょう。学生時代は学校という狭い世界で過ごす事になるのですが、社会という広い世界に出た時にでも、高校時代に培った知識や経験をもとに様々な試練を乗り越えられるような力を与えてくれるのです。生きていると楽しいことやうれしいことばかりではないのが現実です。現代の子供たちは生まれた時から便利で恵まれた環境下で過ごしているために、「逆境」に立たされた時に精神的に弱いことが多々あります。昔の子供たちのような「ハングリー精神」がないので、壁にぶつかった時に逃げることで自分を守ることをしがちです。ここ数年多くなっている「ニート」や「引きこもり」になってしまう場合もあります。社会の荒波にもまれながらも自分自身が成長できるような人になってほしいという思いから、興学社高等学院では「ソーシャルスキル」を学べる機会を増やしています。ソーシャルスキルとは、対人関係におけるあいさつや依頼、交渉や自己主張などのスキルのことで、ソーシャルスキルのかなめは「コミュニケーション能力の向上」となっています。人間関係は生きている限り一生ついてまわる事柄です。円滑に行うことができれば自分自身の生活もより良いものとなり、働くことにも生きがいを感じられることでしょう。社会に出て躓いたときにでも、そばにいる誰かの助けにより悩みを解決することも可能です。一般的には、経験を積むことによってコミュニケーション能力はついてくるものなのですが、最近ではSNSなどの普及により実体験を積む機会が少なくなっています。一度も実際には会ったことのないオンライン上の友人なども存在するのです。そのことによって、昔よりもコミュニケーション能力が不足している子供が多くいるのも現状です。こちらでは基本的なことはもちろんのこと、様々な場面や状況下で使用できるソーシャルスキルを学ぶ事が出来ます。高等学校では「勉強」を学ぶことはもちろんのことですが、運動などのスポーツや学校で行われる行事やイベントなどにより卒業後の人生にも生かせるような経験や知識を得ることも必要となるでしょう。

授業の特徴について

興学社高等学院は「全ては生徒の為に」を基本理念としており、その理念を忘れぬよう教育に情熱が注がれています。当校の職員は基本理念を体現するために日々研鑽を重ねるチームとなっています。当校は学び舎だけでなく、楽しい場所であることを心がけているわけです。色々な生徒が在籍し、色々な教師が授業を行うことになります。楽しい雰囲気を一緒に味わうことが、大切にされています。何より生徒と教師との距離が近く、フレンドリーな関係が築かれています。教師はあだ名で呼ばれることも多く、友達のような関係が魅力です。教師によっては写真を撮りながらリラクゼーションを図っています。歴史人物研究の授業などもあり、幅広い側面から取り組んでいます。学年や性別、これまでの人生経験に関係なく、仲良くなれる雰囲気が漂っているのも魅力の一つです。それ故、生徒の中で進路に悩む生徒がいれば、教師のブログを見ることで勇気づけられるわけです。興学社高等学院の魅力を一言で表せば、授業が豊富なことです。ゲーム作成やヨガ、心理学やファッションメイクなどバラエティに富んでいます。他の学校では学べないことがたくさんあり、生徒の興味や関心が一層高まります。興学社高等学院では一人で決められない時に教師が一緒に考えてくれます。一緒に楽しい学校生活を送ることが大事で、何でも相談できるのが大きな魅力です。パソコン関係の授業も充実しており、将来に役立てることが出来ます。ホームページ制作をはじめ、Webデザインなどのスキルが修得出来るわけです。勿論ゲーム制作も得意種目で、教師自身が大のゲーム好きです。ゲーム以外にも、マンガやアニメが好きな教師が多く在籍します。生徒と同じ目線で授業ができるので、上達も速くなるものです。パソコンの教師の中には、ネイルの授業を掛け持ちで行っている人もいます。興学社高等学院では音楽の力を絶大と考えており、人の心を癒やす力があると言います。音符などが読めなくても、感じる授業を大切にしています。音楽の先生の中には、フランス語やヨガを教える教師もいます。さらに、声優の授業を担当する場合もあり、幅広いジャンルの授業が行われています。学校生活にとって大切なことは、楽しむことが一番と考えられているわけです。そして、個性を発揮することが、一人ひとりのキャラクターを創ることになります。また、当校では地理や江戸時代の検定、世界遺産検定などの授業も実施されているのが魅力です。