ぽい

記事一覧(76)

意分野の才能を伸ばす学習システム

興学社高等学院は、必修授業以外の時間は80種類以上の中から自分の好きな教科・授業を選ぶことができ、自分でカリキュラムを組んで学ぶことができます。種類はパソコン関係・運動系・音楽系・イラスト系などから選択することができますので、必ず熱中・集中できる科目を学ぶことができると思います。15、6歳ともなると初めての人と話すのが苦手であったり、みんなの前で何かをすることができないなど自我が出てきます。そのためまわりの人とコミュニケーションがうまく取れないことも出てきて、それが原因で挫折することがあります。中学時代、あるいは高校生活を始めてからでもこういったことがあった経験がある人は意外と多く、興学社高等学院はこれらのケースで挫折した人のリ・スタートを的確にサポートしますので、必ず高校卒業の資格を得ることが可能になっています。また高校を中退して社会に出たけど、またやり直したい人にもおすすめできる高校です。中卒でも義務教育を終了しているわけですから就職して社会で活躍できることになりますが、やはり高校卒業資格がないと社会の最低の位置につくことすらできないことに気づいたという人も多いでしょう。あるいは、高校に入学したけれど、現在の学校の馴染めない、問題を起こしてしまって退学を余儀なくされてしまったというケースもあるでしょう。興学社高等学院はこのような人に対しても門戸が広く、高校卒業で必修の教科はもちろん、自分の興味のある学びたいことを習得することができますから、以前の高校生活とは別世界の学習環境が広がります。希望があれば大学進学の道もひらけています。開学以来、これまで多くの4年制大学や短大に送り出した実績があり、指定校の推薦も行なっています。将来への就職への道も身近にひらけていて、1年次から体験型職業ガイダンスを行い、3年間で無理せず少しずつ自分の生きる道について考えることができます。自分の才能に早く気づき、その能力をより伸ばせる環境が整っているのです。授業の形態は1クラス15人前後の少人数で行なう方式ですから、生徒一人ひとりを大切にした授業を受けることが可能です。分らないことがあったらすぐに質問でき、不明な点がそのままになってしまうことがありません。さらに習熟度別の教科指導では、小中学校の基礎学習から指導されるシステムですから安心して授業を受けることができます。興学社高等学院は千葉県松戸市新松戸4-35にあり、JR常磐線・武蔵野線「新松戸」駅から徒歩約1分、総武流山鉄道「幸谷」駅から徒歩1分というアクセス性の良さも大変魅力がある学校です。

自信を取り戻せるように

興学社高等学院はサポート校という扱いではありますが、北海道にある通信制高校のキャンパスとして扱われていることから、千葉県にいながら高卒の資格を取得できます。実はサポート校で高卒資格をとろうとなると、スクーリングとして一時期通信制高校のキャンパスに通わないといけません。この場合は本来北海道にあるのでそこまで通う必要がありますが、ここでは通信制高校のキャンパスも兼ねているのでその心配がありません。だからこそ、高卒資格の取得率は100%と全員が取得できているような状況にあり、勉強が苦手だった、中学時代は不登校だったという人も安心して通えます。魅力的なポイントは授業が自由に選択できる点です。もちろん高卒資格をとらなきゃいけないため、国語や数学といったものは必修です。それ以外の体育や地理、世界史といった一般的な教科はもちろんのこと、パソコン関係、運動、芸術など実に90種類以上にも及ぶ授業を自分で選べます。必修科目の中ではソーシャルスキルトレーニングがあります。これは社会に出た際に社会性を出せるように訓練を行っていくというもので、対人関係が不得手でそれによって問題が発生したような人でも、3年間を通してトレーニングを重ねて社会性を持たせるようにしていきます。社会性を身につけるだけでなく、手に職をつける、仕事に対する憧れをもってもらうために体験型職業ガイダンスを行います。通っている中で美容やパソコンといった職業を体験してもらい、それに合わせたスキルを磨いてもらう試みです。興学社高等学院では総合進学科にリベラルアーツ科、特進科がありますが、手に職をつけたい人は総合進学科、将来的に大学進学まで検討する人は特進科、社会性を身につけていきたい人はリベラルアーツ科に入ります。興学社高等学院に入る理由もその背景も人それぞれですが、誰にとっても学びやすい環境になるよう、学校側で配慮がなされます。興学社高等学院の入試には学力テストはありません。保護者と一緒に来て面接を行うこと、200文字以上の簡単な作文を書いてもらうことだけです。その前にオープンキャンパスでどのようなところかを見てもらって判断してもらいます。もちろんいつでも転入や編入は受け付けているので、現在高校に居場所がないような人でも入学できます。人生に生きにくさを感じる人や絶望感しかない人ほどここに入って自分を取り戻すことをおすすめします。
学校という環境で悩みを持たない人を探すのは難しいと断言できます。それは教師と生徒、それぞれによって異なるものの、生徒の場合ならその悩みが将来を台無しにする可能性が強いです。人間関係に勉強など悩みは多種多様ですが、コミュニケーションをまともにとれなかった子供は個人差はあれど心にしこりが残ります。もしも不登校をしている子供がいるなら、その子の不登校という意思を尊重しながら現状打開をする意欲をうながすように向き合わなくては逆効果で恨みを抱くものです。もちろん親や教師といった大人たちは普通の学生生活をしてほしいと望むものの、別に自分が体験した学生時代の通りでなくても良いはずです。興学社高等学院は2006年に千葉県松戸市で生まれた通信制の高校として広く知られています。通信制の高校と言えばいじめや不登校など事情によって学校に行けない、あるいは行きづらくなった子供たちのための学校というイメージがありますが興学社高等学院もまたその通りです。しかし一般的には途中で続かなくなり、結局退学を選びがちなケースが数多く確認されています。そういった意味では興学社高等学院は特殊で、卒業率が100パーセントという数字を叩き出しているほどです。すなわち入学した子供が3年間、無事に通学して卒業できたとされています。それが出来ている秘密はどのような生徒でも受け入れられるコースやサポートが整っている事、また生徒たちの個性を認めている事が大きいです。例えば興学社高等学院には固定されたクラスがなく、自分のレベルに合わせて自分で授業を選んで教室に行きます。いわゆる移動教室が基本というわけですが、これによって一般的な学校にありがちな勉強についていけなくて置き去りにされるケースや人間関係が固定されてヒエラルキーが出来てしまい、いじめが発生するケースがゼロに出来ました。他にもネイルや鉄道などマニアックな科目も含めて80種類もあり、その自由性は生徒の将来に繋がっています。普通の学校では授業を基本にしながら時期が近付けば進路について説いていくものの、いじめなどで余裕がない生徒にはそんなものはブラウン管の向こう側と同じです。けれど興学社高等学院のような体制であれば生徒は未来を失わずに済む可能性があります。もしも身近な子供が学校に悩み、行けなくなっているなら無理に通わず新しい学校を選んでも構わないはずです。大事な事はその子の心が壊れない事が挙げられます。

自分のペースで学べる

興学社高等学院は技能提携校と呼ばれる独特の学び方を取り入れています。高校の制度には主に3つがあり、技能提携校はその中のどれにもあてはまりならないところです。全日制は普通の高校で、定時制は主に夜間に授業が行われます。通信制もあり、これは通信教育によって勉強をしていきます。興学社高等学院は通信制も取り入れていますが、それだけではありません。農業や工業、商業などの社会に出て役立つ技能を学びながら、同時に通信制で勉強ができます。役立つ技能は自分の希望によって選ぶことが可能で、通信制は自分のペースで学べます。通信制の部分では普通の全日制の高校で学ぶことを学んでいきます。通信制なので自宅での勉強が可能で、他の生徒のことを気にする必要がありません。さらに自分の能力に合わせて勉強できる良さがあります。更にこの高校では、技能の勉強も単位なる特長があります。普通の高校で勉強することは単位として認定されますが、それが仕事に直結するわけではありません。例えば理科の化学のように普通の会社に就職したら、使わないことも学んでいかなければなりません。しかしこの高校で勉強することは社会に出て使えるので、勉強に対する意気込みが変わってきます。この高校は他の高校にはない特長が他にもあります。それは心の病を持っている生徒を受け入れている点です。心の病があれば、普通の学校では勉強を続けにくい面があります。他の生徒との関係に悩むこともあるでしょうし、先生の理解が足りなくて悔しい思いをするかもしれません。しかし、この高校では安心して生活できます。その理由の一つが、教師が生徒と正面から向き合ってくれることです。心の病を持っている生徒のことを丸ごと受け入れてくれます。普通の高校だったら、心の病は厄介なものとして取り扱われます。しかしここでは生徒の個性の一つとして、受け止められるようになっています。さらに安心して高校生活を続けられる環境が整えられており、他の学校でうまくいかなかった人でも大丈夫です。校舎は豊かな自然の中に立てられており、四季に合わせたイベントがあります。上記に書いたように実際に役立つことを学んでいくので、勉強自体が苦痛になることもほとんどありません。通信制が取り入れられているので、自分の理解度に合わせた勉強が可能です。他の高校の場合は中退する人もいますが、ここでは入学した人のほぼ全員が卒業を迎えられます。

技能と社会性も取得できる

学校に楽しく通って青春を謳歌している人がいる一方で、あまり雰囲気に馴染めなくて困っている人もいます。後者のタイプの人は通うのが辛くなってきて、休みがちになってしまうことも珍しくありません。その結果、単位を取得できなくって途中で辞めてしまうケースも見受けられます。もし自分がそのようなタイプだと感じても、必ずしも高校卒業資格の取得を不安視する必要はないです。なぜなら、興学社高等学院を選択すれば希望が叶う可能性が高いからです。2018年度の高校卒業資格の取得実績は完璧であり、それを可能にしたものとして単位を落とさずに済む手厚いフォローが挙げられます。もちろん本人の努力も必要ですが、それを支えていく仕組みができているので安心です。さらに、ここは一般的な学校で楽しく過ごせない人でも、積極的に通ってもらえるような工夫がなされています。たとえばいろいろな授業が用意されており、そこから好きなものを選択できます。また、単純に学問を教えるだけでなく、卒業後に必要となる社会性の習得にも前向きです。一般的な高校に通うのが辛い人は、社会性に乏しい自覚がある場合も多いでしょう。そのような不安も払拭できる教育を受けられるのは大きなメリットです。このように興学社高等学院は、勉強が不得意な人をはじめ精神的に疲弊している人や発達が遅れ気味な人などにも、真摯に向き合っていく施設です。生徒が悩みを持っているのは当たり前のことだと考えており、それを解決するのが自分たちの役割だと認識しています。ただし、1つだけ正確に理解しておくべきことがあります。興学社高等学院は単なる通信制ではなく技能連携校であるということです。知名度が高い言葉ではないので、知らない人がほとんどでしょう。この機会にどんな学校なのか確認しておくのが望ましいです。高校卒業資格を取れる新方式の施設であり、学校教育法で制度として認められています。専門的な内容を学びながら、通信制によって高校卒業資格も取得するというスタイルです。シンプルに表現すると、2種類の学校に入学するという意味合いになります。そう言われると勉強量が多すぎて付いていけないと懸念する人もいるでしょう。しかし技能連携校で勉強した科目に関しても、通信制のほうの卒業要件の単位として認められるため、極端に負荷が大きくなるということはありません。先述のようにフォローが手厚いこともあり、やる気があれば問題はないです。

取得しやすい高校卒業資格

興学社高等学院は千葉県松戸市で2006年に設立された新しい高校で全日制と定時制、通信制の3種類があり、学校教育法に則り、それぞれの修業年限内で3年以上在籍して74単位を取得し、ホームルーム活動やクラブ活動などの特別活動を30時間以上行うことによって卒業をすることができます。全日制は3年間で1日5時間から8時間の授業があり、定時制は3年以上夜間などの1日4時間の授業を受け、通信制は通信による教育でレポートを提出したりスクーリングやテストを受けたりしながら単位を取得するという形で、就業年数は特に決まりがなく3年で終える人もいれば10年以上かかる人もいます。また興学社高等学院では「勉強が苦手な人」や「心が疲れてしまった人」「自由に好きな勉強をしたい人」たちをフォローする技能連携校でもあるのです。技能連携校とは「高校卒業資格を取得できる教育施設」という新しいタイプの学校で、農業や工業、商業、水産、看護や福祉、情報、家庭など職業に関する教科に相当する科目が含まれていて、専門的な分野の授業を受け実践体験をしながら高校の卒業資格を取得できる学校ということで、高校と専門学校を一緒に行っているようなものです。車や電気などの大企業が高い技術と技能を受け継いでもらうために開かれる学校のようなものがもともとの技能連携校でそれらの学校は各企業が運営しているのですが、興学社高等学院も発達障害や精神的な病気で学校に行けなくなった子供たちを支援する「興学社学園」が運営する学校なのです。しかし学校に通えなくなった子どもたちが、通信制の高校に入ったところが、スクーリングのために学校に行かなければならないなら続けられずにやめたり、何年かかっても措置業できないなどの可能性も出て来るのですが、興学社高等学院が一般の通信制のサポート校と異なるところは多様性を認め自由度があるところです。つまり教師たちが決めて振り分けられたクラス編成などはなく、自分の習熟度に合わせて仲の良い友達と一緒に授業を受けても良いのです。パソコン関連の授業があったり、ネイルやファッション関連の授業があったりするので、興味のある授業を選んで受けたいときに受ければよいことになっているため、人間関係の大変さや授業についていけない大変さなどを経験することなく勉強ができる学校ということです。このよう特徴があるので以前不登校だった子供も通いやすく高校卒業の資格がとれ、さらに卒業後の進路においても希望が持てる高校です。

通学するメリットは?

興学社高等学院は技能連携校として、通常の通信制高校とは一味違う学校です。もちろん通信制高校の性質もありながら、ここだからこそ行えるような教育を体感できます。それだけメリットは大きく、通っていてよかったと思う生徒がほとんどです。実際に興学社高等学院に通う生徒はこれまでに不登校などを経験した学生が多いです。引きこもりなどを経験すると世間のペースと自分のペースが食い違うことがあり、それを治すのが一苦労です。ここならば普通の高校よりやや遅く通学ができるので、ペースを合わせやすいというのが最初のポイントです。勉強に関しても自分のペースで学習していくことができるので、好きなことを見つけた場合にそれに関することをしながら勉強を進めることが可能です。そこが技能連携校のいいところであり、柔軟に対応してくれるよさでもあります。一般的な高校では心理カウンセラーなどがいませんが、ここにはカウンセラーがいるので、例えば精神的に不安があるという場合でもちゃんと相談に乗ってくれます。どの先生も親身に生徒と向き合うことから、学校生活などに不安を抱えるような子供、もしくは障害を抱えて大変な思いをする生徒や保護者も安心できます。サポート校の場合、スクーリングとして遠く離れた高校に定期的に足を運ばざるを得ない状況に追い込まれることがあります。場合によってはそれが苦痛になることもある中、興学社高等学院の場合は自分のところで勉強できるので、わざわざ遠くまで行く必要がありません。自分たちのところで完結するため、その点も安心です。技能連携校では美術的なことやパソコンの知識など一般の高校では学べないようなことを学べます。手に職をつけたい場合にこれ以上ベストなところはないです。集中して学べる環境がここにはあります。柔軟な時間割になっており、留年を気にする必要もなければ、必要以上に校則にこだわる必要もないというのがポイントです。服装や髪型は細かなことではあるものの、指導する側からすれば生徒を管理するためのツールになっています。生徒をコントロールさせやすくするために指導している面があり、人によっては本当に苦痛です。こうした苦痛がほとんどないのが興学社高等学院であり、色々な髪の人がいます。色々な個性のある人に出会える場であると同時に、コミュニケーションのスキルを学びながら社会性を身につけさせる場としても機能している状況です。

興学社高等学院とはどのような学校か

人間誰もが勉強が得意という人ばかりではありません。体を動かすことが得意な人・芸術関係が得意な人あるいはパソコンを操ることが得意な人だっています。全部ができればもちろんいいのですが、なぜか勉強が得意な人ばかりが優遇されている現代社会です。興学社高等学院は勉強が苦手で、小中学校レベルの生徒には基礎からサポートを行ないます。ですから苦手だと思っていた勉強のコツというか勘どころが分り、知識の積み重ねが必要な勉強の組立て方が分ってきます。これは習熟度別にサポートがあり、分らない部分は何度でも反復して学ぶことが可能です。それでも勉強は苦手だという場合もあります。ですから興学社高等学院ではネイル・イラスト・ボイトレ・ゲーム作成など勉強の領域以外の分野も授業として用意されています。そして授業は自由選択教科と検定関係から選ぶことができますから、得意な教科や興味のある分野の能力を伸ばすことが可能です。特に検定関係は漢字・英語・パソコン・世界遺産など、取得していれば実社会で役に立つものばかりです。すぐに役に立つパソコンの能力も向上させることが可能で、ワード・エクセル・ブログ・タイピング・ゲーム作成・プログラミングなど就職に有利になるものも学ぶことができます。運動能力を高める授業もあり、体育・ヨガ・ダンス・エクササイズ・保健体育などの教科も選択可能。芸術関係ではデッサン・クロッキー・アンサンブル・ハンドベル・コーラス・デザイン・イラストなどの能力を高めることも可能です。趣味の部門も充実しており、英語ソング・フランス語・ディズニー研究・ネイル・鉄道・アフレコ・ムービーなどの授業が設けられています。普通科と言える必修基礎教科も当然あり、国語・数学を準備、そして本学校の特徴的なSST(ソーシャルスキルトレーニング)の授業もあり、これは社会に適応する力を養い、自己解決や対人関係を円滑にする社会で活躍するのに必要な知識や技術を学ぶことも可能になっています。興学社高等学院にはスクール・カウンセラーの存在があり、いつでも気軽に何でも相談できる機関があります。そのため勉強以外の悩みを相談することができますから、学校に行くことが楽しくなる環境が整っています。また友人作りが苦手な人はSSTという専門の授業がありますから、この授業を受けるだけで人生に必要な長く付き合える人に出会うことが可能です。このように興学社高等学院は、勉強以外の社会生活に必要なものを習得できるカリキュラムが多数用意され、字生活で役に立つ授業を受けることが可能となっています。

魅力的な点とは

みなさんは「興学社高等学院」をご存知ですか。この名を聞いただけでこの学校を知っているという方や在校生卒業生に知り合いがいるという方はあまり多くはないと思います。しかし「興学社高等学院」は非常に魅力的な学校です。自信をもってその進学をおすすめしたい存在です。そんな「興学社高等学院」は、千葉県松戸市に2006年に設立されたばかりの学校です。そのため、それほど歴史部会存在とは言えません。しかしその校風は非常に魅力的な近代の需要に応えてくれている点がその最大の特徴です。その校風の最大の特徴は、「自由」でありそして「通信制」を採用している点にあります。また、その際には一般的な高校において当たり前に存在している「クラス」という概念が存在していない点も本学を語るうえで見逃せないポイントと言えます。多くの方が通った高校をはじめとしたどの学校においてもそれぞれのクラスに自動的に割り当てられて1年間同じ教室で同じ仲間と授業を受けるのが基本です。しかしその概念が一切存在しない本学では生徒側がその興味を反映した受けたい授業を自主的に洗濯することができるのです。高校の卒業資格、という観点からみると受けなければならない必須科目は確かに存在しますが基本的に好きなこと興味があることを自分で選択して学ぶことができるのです。そのような校風をきくともはや高校というよりも大学のようなイメージを思い浮かべる方も多いことでしょう。実際にその「好きなこと」を学べるという言葉にふさわしく本学では一般的な高等学校で学べる教科はもちろんのこと社会に出てすぐに役立つ表計算ソフトの使い方からアプリの開発などさまざまなIT関係のスキルを身に着けることができる授業が用意されています。さらにはそのような技術的なものだけでなく芸術面での選択肢も多岐にわたりハンドベルや写真などの専門知識を授業を通して学ぶこともできます。それゆえにどのような方であっても必ずご自身の興味ある分野の授業が用意されていることでしょう。このようにクラスという枠に縛られることなく自分の興味があることを学べる「興学社高等学院」。一般的な高等学校で学べることも素晴らしいことにあふれていますがその選択肢の1つとしてこのような学び方があることを知っておくことはおすすめです。今の高等学校に窮屈さを感じている方は転入を検討してみるのも良いかもしれません。ぜひ参考にしてみてください。

他の学校と異なっている点とは

高等学校は義務教育ではありませんから何らかの理由で途中で退学するケースがあり、そのまま社会に出て働くこともよくあります。しかし多くの場合は生徒が起こしたことを学校が問題視し、辞めざるを得ないよう退学処分を下すことで起きるものです。生徒自身が自ら辞めたいと思って学校を去ることは少ないものです。千葉県松戸市にある興学社高等学院は、高校卒業資格取得率100%という信じられない実績を誇ります。入学した生徒全部が高校卒業に至っており、これは諸事情で学校に通えなくなった生徒の学習や、技能修得を全力でサポートする体制が整っているからです。技能連携校である興学社高等学院は、定時制や通信制の生徒が高校卒業資格を取得するために教育を受ける場所で、他校にはない、さまざまな特色がある教育機関です。まず特筆される点は自由選択授業があることです。必修科目の授業はありますが、その他に生徒が自主的に選択できる科目があります。パソコン関連・体育・芸術・趣味関連など、自分が興味を持て、社会生活に役に立つ授業を選んで習得できるシステムが確立できているのです。これらの授業が80種類用意され、自分の感性にあった授業を受けることで楽しい学校生活を送ることができますから100%の卒業資格取得率が成り立っているのです。次に体験型職業ガイダンスがあることも特徴で、卒業して社会人となったことを早い段階から想定したシステムです。既に目的があればより明確化、まだ目標が見つかっていない場合はそのフォーカス化をサポートする体制になっており、社会人としての心構えを早く持つことが可能となっています。高校卒業資格を得るには、社会に接し、相応な社会性が必要です。ところが不登校だったり、人付き合いが苦手だったりするとそれが中途で挫折、卒業資格を得ないまま終わってしまいます。興学社高等学院ではこういった点にも注力し、コミュニケーション能力や社会性を獲得できるソーシャルスキルトレーニング(SST)を実行しています。専用のカリキュラムを用意し、誰でも少しずつ克服できるようなプログラムになっており、卒業時には社会人としての基礎が確立できるようになっているのです。興学社高等学院は2006年に開学した歴史の浅い学校です。しかしこれまでどの学校も着目しなかった、不登校・社会性といったものに着眼、特化したカリキュラムを作成することによって卒業資格取得100%という数字を出すことに成功しているのです。

子どもたちが通いたくなる学校

松戸市にある興学社高等学院は、発達障害や不登校の経験があるお子さんに最適な通信制の高校です。発達障害や不登校を経験した子どもというのは、勇気を出して一般の高校に入学しても通い続けるのが難しいです。途中で挫折してしまい、そのまま退学してしまう子どもたちも少なくありません。せっかく入学したのに退学してしまう理由は、周囲に馴染めないのが主な原因とされています。周りの教師や生徒に理解されず、学校のシステムに馴染めなければ嫌になるのは当然と言えるでしょう。興学社高等学院は、発達障害や不登校を経験した子どもたちも馴染みやすい環境です。教師は生徒一人一人の事情に理解があり、子どもにとって最適な環境を作ってくれます。例えば不登校を繰り返して小学校や中学校にも満足に通えていないと、高校に入学しても勉強に付いていけないでしょう。勉強で周囲に付いていけないと自信を失ってしまい、さらに学校に行くのが嫌になってしまいます。しかし興学社高等学院では、生徒の学力に合わせて教科指導を行っています。必要なら小学校や中学校で学ぶ内容も丁寧に指導をするので、高校の授業についていけない生徒も一からやり直すことが可能です。またクラス編成は1クラス15人の少人数制なので、教師の目が届きやすいのも魅力です。生徒一人に使える時間も長くなるので、寄り添った指導ができるでしょう。教師と一緒に学んでいると時間できれば、子どもたちも学校に行きやすくなります。興学社高等学院の特徴として、授業の選択が幅広いところも挙げられます。必修科目以外の授業は、生徒が好きに選んで構いません。自分が学びたいと思う好きな科目を選んでも良いですし、仲の良い友達と一緒に学ぶことを理由に決めても良いでしょう。選択できる科目は運動系や文化系など幅広く用意されており、卒業後すぐに就職しても役立つ知識や技術を学べるものもあります。自分の好きな科目を選んで学べる特徴があれば、学校が嫌いな子どもも興学社高等学院なら行きたくなるはずです。こうした自分から学校に行きたくなる仕組みが整えられていることによって、発達障害や不登校経験者の子どもたちが多数在籍しながら、卒業率は100%を達成しています。一般の高校では馴染めなかった子どもも卒業できているので、お子さんが発達障害や不登校で悩んでいるなら入学を検討してみると良いでしょう。入学すれば、社会に出てからも役に立つ知識やスキルを身に付けることができます。

発達障害を抱えていても安心して学べる興学社高等学院

近年になり、発達障害に関する問題が大きく取り上げられています。発達障害は病名として取り上げられることが少なく、脳に関するちょっとした異常が症状として出ているにもかかわらず、それを認めようとしない人が多くて、生きにくい状態になっている人も少なくありません。大人になってから発達障害であることを知らされる人も多く、それによって安堵した人も多いです。教育に関して言えば、発達障害で辛い思いをしている子供は多く、その子供がちゃんとした教育を受けさせるために、興学社高等学院では様々な対策をとっています。最大のネックになるのは高校を卒業してからの進路ですが、興学社高等学院では発達障害であっても何ができて何がしたいのかというものを考えて教育がなされていることがわかります。大学に行きたい人や専門学校で学びたい人、就職をする、それに向けた支援に励むなど様々な選択肢があり、そのアシストを積極的に行っています。そのためには自分が何ができるのかを知ってもらうことが大事であり、それに向けた授業が行われている状況です。人によっては漢字がわからないけど、話はしっかりと理解できるケースもあります。それに合わせて授業を受けていくことができます。発達障害の子供は無限の可能性があり、特定の分野では全くダメでも別の分野ではとんでもない才能を爆発させるケースがあります。一方でどの分野でそのような才能が眠っているかはやってみなければわかりませんし、一般の学校で試そうにも難しい部分です。興学社高等学院ではパソコンの授業や芸術の授業、語学の授業があり、単に英語だけでなくフランス語なども学べ、一見すると趣味に関するものを授業として取り上げるケースもあります。この中で自分がどんな才能があるのかに気付き、自信を獲得できます。自分自身の手で進路を決めることは大事であり、それを興学社高等学院がアシストする際にはその材料となるものを用意しておく必要があります。それが非常に充実し、授業の始まりも午前10時と遅いことも大きなポイントです。発達障害に向き合い、得意なことや苦手なことと向き合っていく姿は興学社高等学院だからこそ見られる光景です。発達障害をきっかけに精神的な病にかかる人もいますが、そうした人にとっても居心地のいい環境であり、自分の可能性を最大限に感じ取れる場でもあります。将来に向けて不安しかない子供にとっての駆け込み寺的な要素が存在します。